『ONE PIECE FILM RED』ヒロインへの挑戦、Adoの感想



『ONE PIECE FILM RED』ヒロインへの挑戦、Adoの感想


ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。
53キロバイト (6,839 語) - 2022年8月6日 (土) 06:51
出演が決まった当時、Adoさんはとにかく驚いた

Adoさん「私が生まれる前から連載されている作品で、私より5歳年上ですからね。幼い頃からテレビをつけたら、『ONE PIECE』が放送されていて。歌い手の自分が関わることはないだろう……と思っていたので。ウソだ!とびっくりしました。最初、『ONE PIECE』の話がある……と聞いた時は、どこの洋服のコラボですか? え、海賊の方ですか!?ととんちんかんなことを言ってしまうくらいびっくりしたんです。ウタは歌姫ということで、私が!?と驚きました」


作者の尾田栄一郎がデザインするウタについて

Adoさん「初めてビジュアルを見て、こんなに可愛い子なんだ!となりました。元気なキャラクターで、おちゃめで、このビジュアルに私の声が乗るの!?と。歌っていること以外は、自分とは真逆の存在だと思ったのですが、生い立ち、どういう思いで歌っているのかが分かると、私たちと変わらない部分も感じたんです。いい意味で人間臭いんですよね。歌姫には輝かしいイメージがあります。ウタは人間として輝いていて、芯もあるのですが、悲しみ、怒りもあらわにしていて、人間臭いところが、自分と少し似ているかもしれません」


作者が描いた『Ado』のビジュアルについて(↑の画像)

Adoさん「びっくりです。うわぁぁ!すごい!と言葉にならない感動がありました。ポージングも迫力があり、格好よすぎてずっと見入ってしまいました。ルフィ、ウタ、Adoのイラストもすごく好きです。感動しました。ずーっと眺めています」


(筆者コメント)
本日から公開の『ONE PIECE FILM RED』ですが、ヒロインの歌がほとんどで全7曲ガッツリ歌います。なので「ワンピース」を楽しみたい方には少し物足りない映画になるかも知れません。Adoさんファンの方にはライブに来ているような感覚になるので最高に楽しめると思われます。正直な感想を言うとワンピースファンとAdoファンから金を巻き上げる映画で、どちらにとっても多少は楽しめる映画ではあります。ワンピース信者(マニア)からすると得られるものは少ないでしょうね。ラスボス悪魔だしねww(酷いコメントですみません)


スレはここから↓
1 朝一から閉店までφ ★ :2022/08/05(金) 06:46:42.27ID:CAP_USER
2022年08月05日

「ONE PIECE FILM RED」でAdoさんが歌唱パートを担当したウタ(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会 1 / 3

(出典 storage.mantan-web.jp)


 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)が8月6日に公開される。
タイトルの「RED」の通り、人気キャラクターの赤髪のシャンクスにフォーカスしたストーリーで、オリジナルキャラクターとしてシャンクスの娘・ウタが登場する。
ウタ役として声優の名塚佳織さんとヒット曲「うっせぇわ」などで知られる歌い手のAdoさんがダブルキャストを務め、名塚さんがウタのせりふ、Adoさんがウタの歌唱パートを担当することも話題になっている。
ウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、物語のキーとなるキャラクターだ。Adoさんは、アニメのキャラクターの歌唱を担当するのは初めてで、大きな挑戦になったという。Adoさんに同作への思いを聞いた。

 ◇え、海賊の方ですか!? 「ONE PIECE」参加に驚き
https://mantan-web.jp/article/20220804dog00m200020000c.html

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました