1960年代の日本が舞台のホラーゲーム『サイレントヒルf』が怖すぎる!シナリオライターは『ひぐらしのなく頃に』を担当したあの人・・・!



1960年代の日本が舞台のホラーゲーム『サイレントヒルf』が怖すぎる!
シナリオライターは『ひぐらしのなく頃に』を担当したあの人・・・!



 KONAMIは『サイレントヒル』シリーズの発表会「SILENT HILL Transmission」の映像を公開し、『サイレントヒルf』を正式発表した。

 ストーリーは『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』で知られるシナリオライター竜騎士07氏が担当、クリーチャーとキャラクターデザインはkera氏。開発はNeoBards Entertainmentとなる。同スタジオは台湾のゲームデベロッパーで、『バイオハザード レジスタンス』『バイオハザード Re:2』『Re:3』次世代機版の開発に参加した実績がある。

 現時点では1960年代の日本が舞台となること以外、一切の詳細が語られていない本作。最新映像は実際のゲームプレイではないものの、おどろおどろしい和風のビジュアルが披露されており、主人公らしきセーラー服の少女の姿も確認できる。

『サイレントヒルf』正式発表。ストーリーは『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07氏_001
『サイレントヒルf』正式発表。ストーリーは『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07氏_002
『サイレントヒルf』正式発表。ストーリーは『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07氏_003

※画像はすべて配信中の映像からキャプチャしたものです。

【※更新 2022/10/20 6:45】 記事初版にて『サイレントヒルƒ』と記載しておりましたが、正しくは『サイレントヒルf』でした。訂正しお詫び申し上げます。

『サイレントヒル』ポータルサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

サイレントヒル』(SILENT HILL、直訳:「無音の丘」)は、コナミ(後のコナミデジタルエンタテインメント)から発売されたホラーゲーム、およびそのシリーズ。ジャンルはホラーアドベンチャー。2013年7月時点でのシリーズ全世界累計販売本数は840万本である。…
74キロバイト (11,350 語) - 2022年10月21日 (金) 11:46


(筆者コメント)
動画をご覧になりましたでしょうか?

クオリティが半端じゃありません。

ホラーゲーム好きは楽しみ過ぎてゾクゾクしますよね。

本当に最近のゲームはグラフィックが美しい!

だからこそ怖さも増す訳です。

発売が楽しみですね!!

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました