【岸田内閣】「サル痘」韓国初確認で「注視している」官房副長官会見

1: クロ ★ 2022/06/23(木) 21:22:51.61 ID:CAP_USER9
kiharafukukanbou
木原官房副長官は23日午前の会見で、天然痘に似た症状が出る「サル痘」が韓国で初確認されたことを受けて「注視している」と述べました。
その上で、WHOと連携しつつ、国内外の感染症の動向や発生動向の監視など、必要な対応を講じる考えを示しました。

<会見トピックス>
▽アフガン地震

▽サル痘

▽参院選女性候補

▽節電ポイント

▽若年層性被害

▽沖縄慰霊の日

会見の概要は以下の通りです。

○木原官房副長官
それでは冒頭、私からアフガニスタン東部地震について一言申し上げます。

現地時間6月22日未明に、アフガニスタン東部で発生した地震により、多くの方が犠牲になったことに心からお見舞いを申し上げてますとともに、負傷された方々の1日も早い回復をお祈りを申し上げます。

また、国際機関と連携しつつ、現地におけるニーズの把握を含めた情報収集を行うとともに、必要な支援を迅速に提供するべく調整しているところでございます。

なお現時点で邦人被害の情報には接しておりません。

冒頭私からは以上でございます。

――サル痘について。

韓国でも初めて患者が確認された。

欧米などを中心にこれまで感染者が2000人を超えていてWHOは専門家による緊急の委員会を23日に開くことにしている。

世界的な感染状況についての見解と国内での感染例や疑い例の報告はないか、また今後の対応について伺う。

○木原官房副長官
サル痘についてでございますが、世界的な感染状況につきましては、今ご指摘もいただいた、韓国における一例目の確認も含めて、政府として注視をしているところでございます。

WHOにおきましては、これも今ご指摘いただいたとおりですが本日、日本時間の23日深夜ということになりますが、サル痘をめぐる状況が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に該当するか否かということについての意見を専門家に求めるための、緊急委員会を開催するとこのように承知をしております。

ここでの議論を踏まえて適切に対応してまいりたいというふうに思います。

なお、国内での感染例等に関しましては、サル痘は感染法上、全数届け出の対象となっておりますが、現時点において国内での感染は確認をされていないところでございます。

なお、感染が疑われる場合には、医療機関から保健所に、相談をしていただくよう依頼をしているところでございまして、必要な検査等を行う体制を整えているところでございます。

政府としてはWHOともよく連携をしつつ、国内外の感染症の動向、発生動向の監視等必要な対応を講じていきたいと思います。

なお、疑い例ということもご指摘をいただきましたが、疑い例につきましては、個人情報のような配慮の観点から、検査で感染が確定するまで公表しないこととしていると、このように承知、聞いておるところでございます。

検査で確定した段階で個人情報に配慮しつつ、適切な対策を行うこととしているとこういうことでありますが、詳細は厚生労働省にお問い合わせいただければと思います。

(略)

日テレNEWS
2022年6月23日 13:04
https://news.ntv.co.jp/category/politics/f5b5ade32ed540b99d029730227ae0b6

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました