【韓国の視点】「ドーハの奇跡」日本に続け…韓国代表、最強の“矛と盾”でウルグアイ撃破なるか

1: 新種のホケモン ★ 2022/11/24(木) 19:30:48.78 ID:DlRnVBT8
“アンダードッグ”であることは明らかだが、恐れる理由はない。パウロ・ベント監督率いる韓国代表も簡単に倒せるようなチームではないからだ。

韓国代表は本日(11月24日)、ドーハのエデュケーション・シティ・スタジアムで行われるカタールW杯グループH第1節でウルグアイ代表と激突する。試合は日本時間22時キックオフを予定している。

FIFAランク14位のウルグアイは南米伝統の強豪だ。ベテランストライカーのFWルイス・スアレス(35)とFWエディンソン・カバーニ(35、バレンシア)をはじめ、DFディエゴ・ゴディン(36、ペレス・サルスフィエルド)、MFフェデリコ・バルベルデ(24、レアル・マドリード)、MFロドリゴ・ベンタンクール(25、トッテナム)、FWダルウィン・ヌニェス(23、リバプール)と世界的スターを数多く保有している。

FIFAランク28位の韓国より明確に強い相手だ。世界中の専門家たちはウルグアイの勝利を確信している。ごく自然な予測と言って良いだろう。

◆韓国が誇る最強の“矛と盾”

ウルグアイと比較して韓国が“弱者”という評価はいたって正統だ。だからといって、韓国が相手にビビる必要はない。チームにはワールドクラスのストライカーであり、絶対的キャプテンのFWソン・フンミン(30、トッテナム)がいるからだ。

ソン・フンミンは昨季プレミアリーグの得点王だ。彼個人に限ればどの選手と比べても引けを取らない。加えて今年のバロンドールでは11位。ウルグアイの最高位はヌニェスで25位だ。両国合わせ最も優れた選手と見て差し支えない。

ソン・フンミンは今月初めに眼窩骨折の重傷を負い、手術した後、想像以上に早いスピードで回復している。試合を3日後に控えた時点で軽くヘディングを試みるまでに状態が好転した。

心理的に萎縮しかねないという懸念も出ているが、ソン・フンミンはメンタルや意志、責任感の強い選手だ。その問題はないだろうという意見も存在する。

エースの存在は韓国代表全体を強くする要因になる。MFソン・ジュンホ(30、山東泰山)は「僕の友達の心配はしなくても良い。昨日にフンミンと練習したが、遊び程度にボールを投げてあげた。とても心構えの強い選手なので、試合に出れば痛みを忘れて上手くプレーしてくれると思う」と信頼を示した。

とはいえ、手術後からまだ1カ月も経っていないだけに状態は懸念される。それでも、ベント監督は前日会見で「(ソン・フンミンは)出場可能だが、決めるまでにはまだ時間が残っている」と起用を示唆しているだけに、初戦からプレーする姿を見ることができるかもしれない。

no title


前にソン・フンミンがいるなら、後ろに構えるはDFキム・ミンジェ(26、ナポリ)だ。

キム・ミンジェは今季にイタリア・セリエAの名門ナポリへ移籍して以降、順風満帆なシーズンを送っている。セリエAで14試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で6試合と、計20試合でフル出場している。

すでにナポリになくてはならない選手となり、イタリアを超え欧州全体で大きく認められる選手にまで成長した。ウルグアイの守備陣と比べてもキム・ミンジェのパフォーマンスは劣らない。

欧州のビッグリーグでプレーしてまだ日が浅いため、認知度は低いかもしれないが、現時点の実力だけをみればキム・ミンジェの方が優れるという話も誇張ではない。

ソン・フンミンとキム・ミンジェ、攻守で2人の絶対的存在がいるだけに、韓国代表も自信を持って試合に臨めば異変を起こせる可能性は十分にある。DFキム・ジンス(30、全北現代モータース)も「多くの人がご存じだと思うが、フンミンとミンジェは国を代表し、世界的にもトップレベルの選手だ。チームメイトの立場からしても自負心と自信をもらっている」と力を込める。

no title


この2人だけでなく、別の選手たちにも確かな競争力がある。

(中略)

W杯という大舞台では、自らを信じて自信を持つことが重要だ。仮にも相手の気に押されて萎縮してしまえば、いくら実力を持っていても発揮することはできない。今の韓国代表に必要なのは、「自分たちは上手くやれる」という確固たる自信だ。

何より、今大会ではサウジアラビア代表がアルゼンチン代表、日本代表がドイツ代表にそれぞれ2-1と大金星を挙げている。アジア勢快進撃の波に次は韓国が乗る番だ。

スポーツソウル
2022年11月24日
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=63793?pageID=2


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました